WINGS ブログ
ITやWEBに関するブログを書いています。

「Google検索エンジン最適化 スターターガイド」を読んでみよう!その1

投稿者:hana-masuyama | 2012年/03月/05日
google検索エンジン最適化スターターガイド目次
PDFファイルを開く

参照:『Google検索エンジン最適化スターターガイド』

こんにちは、ますやまです。

最近よくSEOとかSEO対策とか耳にすることも多いのではないでしょうか。SEOとは、Search Engine Optimizationの略で「サーチンエンジン最適化」などと訳されます。ようするに、検索結果で上位にランクされるように、サーチエンジンに対してホームページを最適化していくことを言います。

最適化にはいろいろな方法があるとされています。被リンク(バックリンク)増やせば一発だ・・・とも言われていますが、果たしてそうなのでしょうか。また、被リンクはどうやって増やせるのでしょうか。ここでは、検索エンジン最大手Google(世の中の8割の人はGoogleのエンジンで検索しています)が公開している「Google検索エンジン最適化スターターガイド」をもとに、基本に立ち戻ってSEOについて考えたいと思います。

このガイドで書かれているポイントは?

まずは、検索エンジンにクロールされやすく、インデックスされやすいサイトを構築をすること、ユーザーにとって価値のある質の高いコンテンツを提供すること、そして正しく宣伝したら、アクセス分析を行い最適化を継続することだと言えます。

価値のあるコンテンツを提供するサイトは、ユーザーから高く評価され、多くの人からリンクを張られていく…その結果、被リンクが増加し、サイトの高評価へとつながり、検索順位も上がる…というのがGoogleの基本の考え方です。これはある程度時間のかかるプロセスで、一朝一夕には無理な話なのです。

SEO業者などから被リンクを大量購入し、一気に検索順位アップをねらう…このようなことをGoogleは非常に警戒しており、悪質な場合はインデックスから除外といったペナルティーを受けることも…。まずは、地道に最適化を実践していくことが大切なのです。

というわけで、まずは、検索エンジンにクロールされやすく、インデックスされやすいサイトになることから始めましょう。これらは、基本の「キ」、今すぐ実践することができますよ。

適切なページタイトルをつけましょう

検索結果画面に表示されるタイトルぺージタイトルとは、サイトの訪問者と検索エンジンの双方にそのページのトピックが何であるかを伝えるもので、titleタグで指定します。titleタグは、HTML文書内のheadタグの中に配置します。ページタイトルの内容は通常ページタイトル(titleタグの内容)が検索結果の一番上の行に表示されます!また、検索キーワードに一致する語句がページタイトルに含まれている場合は、その語句が太字になるよう設定されています。

ですので、トップページのタイトルには、検索キーワードを意識して、サイトや会社名だけでなく、地域や取り扱い商品、セールスポイントなどの重要な情報を書き込むべきです。

例えば、、、

【例1】●●農園|採れたてのりんごを全国へ発送しています!
【例2】りんごの通販 ●●農園|信州から新鮮なりんごを全国へお届け 送料無料!

この2つの例では、例2のほうが良いとされています。どういうサービスを提供する会社(お店)なのかがひと目でわかる文言を、会社やサイト名の前につけるのがポイントです。

トップページタイトルはもちろんつけている!という方は多いでしょう。Googleは、さらに各ページにそれぞれのページの内容のわかるタイトルをつけることをお勧めしています。すべてのページにタイトルをつけることで、検索エンジンにもユーザーにも分かりやすく親切なサイトになります。

☆ポイント☆

  • ページの内容を効果的に伝える内容に。無題やページ1など意味のない内容にしない。
  • 各ページに固有のタイトルを。サイトの大部分を同じタイトルにしない。
  • 簡素で説明的なタイトルを心がける。

Descriptionメタタグを設定しましょう

検索画面に表示されるスニペット
descriptionメタタグとは、Googleやその他の検索エンジンにページの概要を伝えるものです。titleタグ同様、descriptionメタタグはHTMLドキュメントのheadタグの間に配置します。ページタイトルにはいくつかの語句やフレーズを記述しますが、descriptionメタタグには、1文か2文、場合によっては短い段落程度の文章まで記述できます。

descriptionメタタグを設定するメリットとは?

descriptionメタタグは、スニペットとして使用される可能性があります。スニペットとは、検索結果ページにおいて、ページタイトルとURLの間に表示され文章のことで、スニペットの中に検索キーワードに一致する語句がある場合、その語句は太字になります。タイトルと同じく、各ページには、それぞれ固有のdescriptionメタタグが用意されていることが理想的です。

☆ポイント☆

  • ユーザーがスニペットとして見た時に、わかりやすくかつ興味を引くような内容に。
  • 「これはウエブページです」のような一般的な文章は避ける。キーワードで埋め尽くさない。
  • 各ページに固有のdescriptionメタタグをつける~裏をかえせば、サイトのページのほとんどに同じdescriptionメタタグを使わない。

少々長くなりましたが、第1回はここまで。

タイトルやdescriptionメタタグについては、トップページには対策をしていても、下層ページまでは手が回っていなかった!とう方も多いと思います。ページ数が多いと大変ですが、簡単にできることなので、すぐに始められてはいかがでしょうか!

以上、ますやまでした。。